英語はできた方が楽しい

旅行

英語はできた方が楽しい

バイリンガル生活のおすすめ

今からでもできる英会話。

なぜ日本人は英語が話せないのか。学校であれだけ勉強したのに。

まずとりあえず話せるようになりたいという人におすすめ。

基礎の基礎は出来ている。Good morning. とか This is a book. は みんな知ってる。

でもHow are you? って聞いたら I am fine thank you. って答える。

これがそもそもの間違え。

日常、ネイティヴはこうは言わない。

日常生活で使わない言い回しのパターンをいくら覚えても会話にならない。こちらの問いに対して違う返事が返ってくるのだから。その後困ってしまう。

ではどうするのか。

難しい表現、滅多に使わない言い回しを覚えてもとっさに口から出てこなければ無駄な努力。

よく英会話は中学英語で十分と言われている。

その通りだ。

ただ断片的な英語の知識を整理し直す必要がある。

英語は勉強するではなくてトレーニングするが正解だからだ。

スポーツや楽器を習得するのと同じことだ。

正しい練習を積み重ねてレベルを上げていく。

ではどこから始めるか?

ずばり毎日の日常生活から。

自分の日常を全部英語に置き換えていく。

朝起きる。目覚ましを止める。まだ眠い。でも起きなくちゃ。今起きないと間に合わない。でももう少し寝てようかな。トイレに行く。用をたす。トイレを流す。手を洗う。手を拭く。

こんな具合に普段の自分の行動を日本語で書きためていく。それを少しずつ英語にしていくのだが、ここで注意しなくてはならないのが、辞書等に載っている表現を鵜呑みにしないこと。先ほどの例のように I am fine thank you. と答えるネイティヴはまず100パーセントいないから。初めて見るとすぐわかることだがほとんど英語に出来ない自分に気づくはず。

あれだけの時間英語に費やして基本的なことは何もしゃべれない。なさけない。

ここからが始まり。バイリンガル生活。ここまでくると知りたい知りたい意欲が増してくるはず。

今の英語でなんていうんだろう。常にアンテナは英語に集中してくるはず。映画で誰かがflash the toilet. て言ったら一発でトイレを流すってこれだって記憶に残りすぐ使えるようになる。後はトイレを流すたびに繰り返せばいいだけ。

こんな方法ですが試してみてはいかがでしょうか?

アメリカの生活を知らないと想像力も働かない

まずこのシリーズで徹底的に口慣らししてください

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ