オーストラリアでのコーヒーのたのみかた。

旅行

オーストラリアでのコーヒーのたのみかた。

オーストラリア人はコーヒーが大好きです。毎日の生活になくてはならないものとなっています。
でもカフェのメニューにコーヒーはありません。???
コーヒープリーズと言ってもコーヒーは出てきません。

オーストラリアのコーヒー文化は移民がもたらしたものです。特にイタリアからの移民がエスプレッソマシーンを持ち込んでカプチーノやラテをオーストラリア人に紹介しました。
それをオーストラリア人たちがアレンジして、ショートブラック(エスプレッソのこと)、ロングブラック(エスプレッソにお湯をたしたもの)フラットフォワイト(エスプレッソにホットミルクを加えたもの)を生み出しました。

その他に
カプチーノ:エスプレッソにスチームドミルクを加えその上にクリーミーな泡をのせ表面にチョコレートパウダーを振りかけたもの

ラテ:エスプレッソにスチームドミルクを加えたもの。必ずグラスで出てきます。

マキアート:エスプレッソに少量のミルクを加えてもの

モカ:エスプレッソにホットチョコレートソース、スチームドミルクを加えたもの

アイストコーヒー:エスプレッソにミルクを加えワンスクープのアイスクリームを落としさらにその上にホイップクリームを乗せたもの

ホットチョコレート:チョコレートソースにスチームドミルクを加えたもの

などがあります。
そこで注文はコーヒーくださいではなくてカプチーノくださいと言わなくてはなりません。
サイズもお忘れなく。

だんだん慣れてくると、ミルクの代わりに低脂肪ミルクにしてもらったり、豆乳に変えてもらったりできます。

お気に入りの店に通いつめるとバリスターがあなたごのみを覚えてくれ黙っていてもいつものねで済んでしまいます。

オーストラリアでカフェが急速に流行り出したのは2000年のシドニーオリンピックの頃からです。店の外にも椅子やテーブルを置いてもいいことになり、パリのようにオシャレに外でお気に入りの一杯を楽しむことができるようになりました。それとバリスターというコーヒーを入れる専門職を設けたこと。高品質のマシーンを使い高いレベルのコーヒーを提供していること。個性的な椅子や飾り物で演出しているお店が多いこと。など独自のコーヒー文化を作り上げました。
あのスターバックスが撤退して行ったことでもその質の高さがおわかりになると思います。


オーストラリアでコーヒーを作る人はバリスタと呼ばれています。

チェーン店もありますが個性的なコーヒー店がの方が多いです。

お店によっては自家焙煎しています。

オーストラリア人にとってコーヒーは生活の一部なくてはならないものです。

メルボルンの人気カフェ
ブルネッティ(Brunetti)

最近、メルボルンのリトル・イタリーの中心部ライゴン・ストリートの元の場所に戻ってきました。ブルネッティは、胸が高鳴るような、きらびやかなコーヒーの宮殿です。ローマの街角の雰囲気が感じられます。

デグレーブス・エスプレッソ・バー(Degraves Espresso Bar)

メルボルン中心部の路地に店を構えた最初のカフェの1つ。デグレーブスは、周囲に広がったコーヒー街のきっかけでもありました。メルボルンの地元の人々にとって持ち帰りコーヒーの人気店となっている理由は明らかです。

グロッシ・フロレンティーノ・セラー・バー(Grossi Florentino Cellar Bar)

1950年代半ばに創業したこのセラー・バーによって、ダーク・ウッド、赤ワイン、濃いエスプレッソへのメルボルンの人々の愛着が決定的になりました。典型的なイタリアン・バールで、コーヒー、アンティパスト、人気のイタリア料理、グラス・ワインを終日楽しむことができます。

マリオス(Marios)

マリオスは、1980年代メルボルンのカフェ文化に革命をもたらしました。一日中いつでも注文できる朝食メニューと素晴らしいコーヒーがあり、気の利いた(口も達者な)サービスを受けることができます。フィッツロイで焙煎した独自のブレンド・コーヒーを提供しています。

ペレグリーニス(Pellegrini’s)

ペレグリーニスは1954年創業です。それ以来、ビニール貼りのスタイリッシュな赤いスツール、チェック模様の床、鏡張りの内装、そして昔ながらのイタリア料理のメニューで大勢のお得意様を魅了してきました。素晴らしいコーヒーと本格的で美味しい料理はお客様を失望させることはありません。

出典 http://www.australia.com

シドニーの人気コーヒー・ショップ
バー・コルッツィ(Bar Coluzzi)

イタリア人のミドルウェイト級ボクシング・チャンピオンが1957年に創業したバー・コルッツィは、フォーマイカの内装やきらびやかな有名人が常連に名を連ねたことなどからシドニーのカフェ文化の定着に一役買いました。

バー・イタリア(Bar Italia)

カフェやジェラート・ショップも併設するバー・イタリアは、エスプレッソ・バーと昔ながらのイタリア料理店をシドニーのリトル・イタリー地区ライクハートで1959年から続けています。

ビル&トニー(Bill & Toni’s café)

ダーリングハーストのビル&トニー・カフェは、名物のオレンジ・コーディアルにも負けないくらい、シドニーのコーヒー店のパイオニアの1つとして有名です。古き良きシドニーと古き良きイタリアを兼ね備えた店です。

ビルズ(Bills)

ビルズは今や世界にとどろく名前になりましたが、ビルズ・カフェは創業の地にあり、発展するビルズ・ブランドを支えています。素晴らしいサービスとコーヒー、伝統的なカフェ・フード、そして本当にシドニーらしい雰囲気を味わうことができます。

トロピカーナ・カフェ(Tropicana Caffe)

世界最大の短編フィルム・フェスティバルとして名高いトロップフェストはここで生まれました。トロピカーナ・カフェには、シドニーの芸術的で活気に満ちた一面があります。ピープル・ウォッチングの場としても最適です。

出典 http://www.australia.com

ブリスベンの人気カフェ
バー・メルロ(Bar Merlo)

1958年にエスプレッソ・マシンを初めてクイーンズランドにもたらしたのはメルロ一家だとたびたび言われます。一家は今もビジネスを続け、いくつものカフェと自家焙煎直売店を営んでいます。バー・メルロは1992年に開店しました。

ザ・ガンショップ・カフェ(The Gunshop Café)

かつては実際に銃の店でしたが、現在はザ・ガンショップ・カフェとして面白くて品質意識が高いブリスベンのカフェ・シーンを具現しています。時によってちょっぴり変わったフードといつも変わらないコーヒーを楽しむことができ、訪れる価値があります。

シングル・イン(Shingle Inn)

最初のシングル・インは1936年にブリスベンで開店し、その後チェーン展開しました。シティ・ホール店は、創業時の店舗で使われていたチューダー様式の木組みや部材を使用して建てられました。本当に懐かしいクイーンズランドのコーヒー、紅茶、ケーキをお楽しみください。

出典 http://www.australia.com

JALパックなら安心です

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ